撃った後、スグ動くか?動かざるべきか?その判断基準

シェアする

IMG_3827

「エアガンを撃ったらスグ別の場所へ移動すべきだ」

「撃ったらスグ移動しないと、敵に位置がバレているので攻撃されて不利」

サバイバルゲームでは定番のアドバイスの1つですが・・・

前回の「本当に撃ったらスグ移動すべき?」でお伝えしたとおり

ゲーム中の状況を冷静に思い返しすと・・・

  • エアガンの発射直後は、敵ゲーマーが
    エアガンの発砲音のした自分の方向を注視している状況

である事が殆どなので

エアガンを撃ったからと、スグに移動すると
却って敵に発見されるリスクが高い

という事実が浮かび上がってきました。

しかしその一方で

「撃ったらスグ移動する」事で
敵ゲーマーを着実に倒していくベテランゲーマーが存在しています。

以上の事実から

  • エアガンを撃ったらスグ移動
  • エアガンを撃っても、スグには移動しない

2つの行動パターンを使い分けるべきという結論に至りました。

そこで今回は

「撃ったらスグに移動すべきか?その判断ポイント」について

考えてみたいと思います。

相手にバレてないなら、移動する必要なし

冒頭でも申し上げたとおり
サバゲー業界では

「エアガンを撃ったらスグ別の場所へ移動すべきだ」

というアドバイスが未だに根強いです。
その理論的な根拠としては

「撃ったらスグ移動しないと、敵に位置がバレているので攻撃されて不利」

これもよく言われる事です。

理論的に、おかしな所はないのですが
本当にそれが「撃ったらスグ移動すべき主な理由」ならば
逆に言えば・・・

「敵に位置を特定されていないなら、
『撃った後にスグ移動する』必要性も少ない」

という事になります。

それを証明するかのように

  • 発砲を続けても敵から反撃を受けず
    移動せずとも、何人も倒すことが出来てしまった

上記のような状況は
特にブッシュの濃いフィールドでは
頻繁に直面する事になるかと思いますが
この状況では

「撃った後もあえて移動せず、
敵に『目立つ移動中の自分』を発見されるリスクを排する事で、
相手にバレないように攻撃を加え続ける」

というシーンに繋がっている訳です

したがって、
あなたが何度も敵ゲーマー攻撃をしているのに
一向に敵から反撃を受けない状況下では
撃ったらスグ移動する必要性は少ない事になります。

(残り少ないゲーム時間でフラッグアタックが狙える状況などを除いて)

理想は敵にバレる(バレそうな)状況になる前に
移動を開始するのが、最も効果的な移動開始のタイミングになりますが

「いつ相手にバレるか?」

そのタイミングは敵にしか判らない以上
ヘタをすると
相手にバレた=自分が攻撃され被弾・戦死するリスクに直結しかねません。

スグに移動すべき状況

そこで河崎は自分の
装備や周囲の地形などの環境を基準に

「撃ったらスグ移動すべきか?否か?」

その行動パターンを判断・選択することにしました。

その判断のポイントが・・・

  • 自分の迷彩服と周囲の地形や障害物の色彩が合っておらず
    反撃されたら被弾する確率が高い

上記の悪条件が揃った場合
「撃ったらスグに移動すべき状況」と河崎は判断しています。

基本的には、
迷彩服とフィールドの景色の色合いはマッチしているべきですし
隠れる障害物も、相手のBB弾が貫通し難い
バリケードや濃いブッシュであるべきです。

とはいえ
フィールドの全ての範囲が必ずしも
迷彩服にマッチするとは限りませんし、相手の反撃を防御しやすい
バリケードや濃いブッシュが利用できない事も少なくありません。

もっとも
迷彩服はミスマッチでも、手堅く防御できる障害物を利用できれば
十分に撃ち合う事は可能ですし、

逆に、相手のBB弾が貫通しやすい障害物でも
その障害物や周囲の地形と迷彩服がマッチしていれば
なんとか敵の眼を欺ける可能性もあります。

しかし、

  • 迷彩服と周囲の地形などとの色合いがミスマッチでフィールドに溶け込めない
  • 相手から反撃されると、貫通弾が頻発して生き残れない。

と悪条件が揃ってしまうと
敵に発見される可能性も高く、攻撃された場合に被弾する可能性も
一段と高くなってしまうのです。

こうした状況下では
撃ったらスグに移動しておいた方が
賢明と言える訳です。

つまり、自分が発砲した後で
ジッとしていても相手に発見され易いのなら
撃ったと同時に移動したほうが
被弾のリスクが減らせるという訳です。

撃ったらスグに移動できる状況

先ほどは「スグに移動すべき状況」でしたが
「撃ったらスグに移動できる(移動しても良い)状況」も存在します。

つまり、目的や周囲の環境によっては

  • 撃ったらスグに移動
  • 撃ってもスグには移動しない

いずれの行動パターンを採ってもOKという訳です。

それがどういう状況下といえば・・・

  • 姿を見られず、隠密裏に移動できる状況

となります。

その代表例がインドアフィールド。
特にバリケード類が3m以下の間隔で密集している
迷路状のフィールドです。

迷路状のフィールドでは
障害物の間隔が狭い事が多いので
敵に姿を見られても、ほんの数秒以下である事が殆ど。

さらに少しでも後ろに下がろうものなら
そこから右へ左へ移動するのも容易になるため
移動するコチラを目撃しても、
敵は完全には移動先を推測しきれない訳です。

その為、インドアフィールドでは
撃ったらスグ移動をくり返すことで
敵を混乱状況に陥れる、撹乱効果(かくらんこうか)を期待できる訳です。

ブッシュの濃いフィールドでも
出来なくはありませんが、地面の落ち葉などで音が発生するため
インドアフィールド等に比べ、かなり困難になります。

撃った後の行動パターンを使い分けよう

巷では「撃ったらスグ移動」という行動パターンが
根強く推奨されていますが
実態はその逆。

「撃ったらスグに移動するのは、基本避けつつ
「状況に応じて、スグ移動したり、移動せず留まり続けると
行動パターンを使い分けるべき

という結論に至りました。

周囲の地形や障害物を見極めて
適切な行動を取れるようになれば
あなたのサバゲーにおける戦い方の幅が
大きく広がることでしょう。

サバゲー上達の参考になりましたら「更新ネタ」
↓のボタンをクリックして応援して頂けると、大変嬉しいです^^

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村