サバイバルゲームでも誤射は許されない。その想像以上の悪影響とは?

シェアする

d81df5927658a11ee2563834cef0a806誤射というのは、味方が味方を誤って撃ってしまう事。
同士撃ちとも呼ばれますが・・・

サバイバルゲームの誤射が及ぼす悪影響について語られるのは

  • 誤射をしたら、味方の人数が減って不利になる
  • 誤射をしたら、自分の位置がバレて不利になる

まったく持ってその通りなのですが
実は、サバゲーにおける誤射の影響はそれだけに留まりません。

最悪の場合、誤射をしたそのゲームだけでなく
1日中にわたり、味方の行動を大きく制限してしまう事があるのです。

こうなると、
チームプレーやチーム隊形に気を配っても意味が薄れてしまいます。

後日、誤射を防止する敵味方の見極め方を解説しますが
その前に、今回は誤射が及ぼす想像以上の悪影響をお伝えします。

誤射はサバゲー上達効果ゼロ

数年前の話になります。

サバゲーブームが始まったころ
とあるフィールドを訪れた時

「味方とは言え、動く人間には代わりないから
誤射しても上達の効果はある」

などと言っていた輩が居ました。

私の10数年におよぶサバゲー生活の中でも
そんなバカげたアドバイスを聞いたのは初めてでしたが・・・

現にそのフィールドでは誤射が多発し
私も1日6ゲーム中、4回も誤射されて
とてもサバゲーどころでは無かったのをよく覚えています^^;

聡明なあなたが、間に受ける事はないと思いますが

  • 露出を最小限に押さえ、障害物に身を隠す敵
  • 味方に背中を向け、防御姿勢を取っていない味方

射撃が命中しづらいのは、言うまでもなく前者ですから
味方を誤射する事と、敵を狙って射撃することはまったくの別問題。

背後の味方に対して、防御姿勢を取っていない味方ゲーマーを誤射しても
敵ゲーマーを倒せるようにならないのは当たり前の話です。

そもそも、ゲーム上の有利・不利とか上達とか言う以前に
誤射とは言え、味方がサバゲーを楽しむ機会を奪っているのですから
決して褒められた行為では無いことを肝に銘じておくべきです。

誤射のさらなる悪影響

味方同士で誤射してしまうと・・・

  • 味方の人数が減り、不利になる
  • 銃声により、誤射をした自分の位置がバレて不利になる

という悪影響は、よく知られる所ですが
実はこれだけに留まりません。

  • 敵の警戒を招き、攻撃が難しくなる
  • 味方の布陣が推測される
  • ほかの味方の連携や行動が1日中に渡り、阻害される
  • 誤射が誤射を呼ぶ

といった悪影響も加わります。

まず誤射したことにより
エアガンの銃声がしたり、誤射された味方が

ヒットコールと共に退場しようと出てくるので

敵は「ほかにも敵が居そうだな」と警戒してしまい
攻撃が難しくなります。

誤射さえなければ、敵は「まだ相手はココまで進んでいないかも」と
意気揚々と前進してきていたかも知れませんが・・・

自分が進もうとする方向で誤射が発生すれば
誰かが居るのは確定するので、当然、慎重に進みますよね。

こうなると、せっかくの待ち伏せも
その効果が大幅に減少してしまう訳です。

さらに、

  • 誤射された味方が隠れていた位置
  • 誤射した銃声の位置

で味方の布陣が、敵ゲーマーに予測されます。

下手をすると、
誤射したゲーマーと誤射されたゲーマー以外の
ほかの味方ゲーマーの位置すら特定される事もあります。

誤射が1日中、味方を束縛することも・・・

タチが悪いのが
誤射の悪影響がその日、1日中に渡り味方の行動を阻害し得ることです。

どういう事かと言えば、

誤射された味方はもちろんですが
誤射の現場を目撃した他の味方ゲーマー達が

味方からの誤射を恐れる余り・・・

「今日は移動すると、敵と誤解されて撃たれるから、移動は控えよう」

「後ろを向くと、敵と間違えられて撃たれるくらいなら、もう後退はしない」

「背中から撃たれるくらいなら、今日は前線で戦うのはやめよう」

といった具合に
味方ゲーマーの行動が、どんどん消極的になってしまう事があるのです。

チーム全体で、1日のうち2、3回程度の誤射であれば
そこまで深刻な事態にはならないのですが・・・

1日に何度も、ヒドイ時は1ゲーム中に、何度も誤射が多発する状況になると
上記のように消極的なプレイを余儀なくされるゲーマーが出てきてしまうのです。

サバゲーの定例会は多くの場合
ひとたびチーム分けがなされたら
その後、1日中同じメンバーで戦うことになります。

となると、同じチームの中で誤射を連発する人が居れば

「こりゃ、この後のゲームも誤射が多発するんだろうな・・・」

と思うのも無理がありません。

私は最前線でアタッカーとして活動する事が多いので
よく判るのですが
その悪い予想は的中する事が多いのです。

このようにして
誤射が、その後のゲームにおいて
1日中にわたり、味方ゲーマーの行動を阻害することになるので
誤射の悪影響は、想像以上に深刻なのです。

誤射が誤射を呼ぶ?

もう1つ厄介なのが

誤射がさらなる誤射を招くという事です。

誤射した味方を、別の味方が敵と勘違いし
さらに誤射してしまう・・・。

つまりこの瞬間に
敵は何もしていないのに
味方が2人も減ってしまった訳です^^;

こうしたケースは
マーカーが隠れてしまいがちな
ブッシュの濃いフィールドで特に注意が必要です。

特に危険なのが
敵陣フラッグ付近での誤射です。

攻めている味方が、他の味方を誤射してしまうと

その誤射を目撃した味方からは、
敵陣フラッグを守る敵のディフェンダーから攻撃を受けたように見えるのです。

それでも誤射したゲーマーが一言

「すいません、誤射です。ごめんなさい」

といったお詫びコールがあれば良かったのですが
そういったコールすらないと・・・

そして、
周囲の味方が誤射したゲーマーのマーカーを
視認できない状態だった場合は・・・

誤射がさらなる誤射を呼び
収集が付かなくなります。

誤射をしない事はもちろんですが
誤射をした時にはさらなる誤射を防止する意味でも
「お詫びコール」を忘れないようにしたいものです。

誤射されない安心感

ここまで誤射がもたらす悪影響を見てきましたが

誤射されるリスクが低いと、安心できる場合は

味方ゲーマーの動きは活発になり、自軍の勝敗にもプラスになります。

チーム隊形や連携プレーに気を配るのはもちろんですが

あなたが誤射しないというだけでも
味方に安心感を与え、チーム全体に貢献できている事になります。

そういった意味でも誤射をしない様に
今後も一層努力を続けて行きたいものですね。

次回は「誤射しない為の敵・味方識別方法」についてです。

コメント

  1. 灰佐喜重 より:

    バリケードフィールドから森林フィールドでゲームをするようになってからBB弾の消費量が、格段に減ってきたした。

    一つには射撃音による位置バレが、大きな原因ですが、初段で決めろの項を今はかなり実感しており、射撃する時は必ず仕留められる時じゃないと倍返しをくらう事幾たびも、笑。

    誤射について自分の誤射ではなく他人の誤射であった場合どうなのでしょう?

    フレンドリーファイアという意味ではなく最前線でなかなかの配置に付け相手が移動して姿を見せたときに射撃する事が多くなってきたのですが、自分のすぐ側にいる人が届くか届かないか分からない距離で乱射され相手チームが近づいて来なくなってしまう。
    または、ブッシュの中にかくれたは良いが銃撃のあおりをくらって木や枝に跳弾した弾によるHiTに度々苦しめられています。

    誤射と言えるかどうか分かりませんが。
    乱文失礼いたしました。

    • owm-kawasaki より:

      灰佐さん、こんにちは。

      着実に森林系フィールドでのコツを掴んでいらっしゃるようですね。森林系フィールドはベテランでも難しいフィールドが多いのですが、これからも頑張ってください。もちろん、メールで相談されてもOKですよ^^

      >他人の誤射であった場合どうなのでしょう?

      誤射の悪影響については、自分以外の味方が誤射した場合も同様です。
      周りの味方ゲーマーさんにごちゃごちゃ言うのもアレなので、
      とにかく自分個人で誤射しないように注意すればOKです。

      >自分のすぐ側にいる人が
      >届くか届かないか分からない距離で乱射され
      >相手チームが近づいて来なくなってしまう。

      これは味方同士の誤射というより、射程距離の誤認になりそうですね。
      結果的に敵の警戒を招くという点では、誤射と同じとも言えます。

      ただし、その味方ゲーマーさんが、相手の進軍を遅らせたいということで
      わざと目立つように射撃したのなら、アリかも知れません。
      特に、少数の自軍に対し大勢の敵が向ってくる場合には、こういった牽制射撃が有効になるケースがある事は覚えておいて損はないと思います。

      >または、ブッシュの中にかくれたは良いが銃撃のあおりをくらって
      >木や枝に跳弾した弾によるHiTに度々苦しめられています。

      ブッシュへ撃ち込まれているという事は、兆弾とも貫通弾とも言えそうですね。ブッシュである以上、貫通弾が大なり小なり発生するので潜伏する前に、貫通弾の発生リスクをどのように予想していたか? 貫通弾の発生リスクが高いにせよ、低いにせよ、そのリスクに見合った行動が出来ていたか?が一番カギになると思います。

      以上、誤射ともろもろについて私見を述べさせて頂きましたが
      参考になりましたら幸いです。

  2. 灰佐喜重 より:

    なるほどおっしゃる通りです。

    河崎さんのブログを何度も読み返しているとその一行一行が深いんですよねー。

    早速の返答ありがとうございます。

  3. ちーさー より:

    初めまして、中年になり最近サバゲーデビューしたおっさんです。
    自分らが中高生の時に、エアコッキングガンが出始め、その後ガスブロの強烈なデビューにより、どうも電動ガンになじめず今時ガスブロで遊んでいます。
    「誤射」・・・まだサバゲーを初めて数回目なのですが、始める前は「いくら何でも間違えないでしょ~」と思っていましたが先日やってしまいました。。。

    自分は、アタッカータイプではないので後衛で前線部隊を掩護していたのですが、
    その日の夕方、本当に最後のゲーム
    前方で数名の味方と敵が中央のコンテナを挟んで左右で打ち合い、発砲音の後「うわー!」「HIT~!」の声と同時に、コンテナから勢いよく後ずさりした人を、瞬間的に撃ってしまいました。。。そう、味方でした、、初めてのフレンドリーファイア。。。
    すぐに「ごめんなさい!フレンドリーです!」といって手を揚げ退場・・その方も「あああ・・・HIt・・・・」とがっくり・・・フィールド外へ向かう際も「すみません!自分の確認ミスで・・」と謝りながら・・・幸いこの方は「いいですよ。仕方ないです。。でもなんでかなあ今日3回目だあ、味方に撃たれたの・・最後のゲームだったからもう少しやりたかったなあ・・・」と。。

    上の河崎さんのご説明にもある
    •誤射をしたら、味方の人数が減って不利になる
    •誤射をしたら、自分の位置がバレて不利になる
    ・誤射の悪影響がその日、1日中に渡り味方の行動を阻害される

    自分のような初心者ゲーマーは「やっちゃった~・・、この人最後のゲームなのに不完全燃焼だよなあ。・・悪いなあ・・瞬間的に反応しちゃったよなあ・・」と悔やむばかり・・・でゲーム終了・・・となりました。。

    自分は初心者なので、両腕のマーカーの他にプレートキャリアの正面と背中に自作でベルクロのマーカーを付けています。。。
    今回は、腕のマーカーを見る前に撃ってしまった自分が悪いのですが、両腕以外にもつけてもらえませんかねえ~。。。。。(結構つけている方もいますけどね)

    なんか、脈略のない長文で失礼いたしました。。。
    次回のゲームが怖くなっている、中年おっさんゲーマーです。。。

    • owm-kawasaki より:

      ちーさーさん

      はじめまして。管理人の河崎です。
      コメントありがとうございます^^

      次回のゲーム参加が怖くなってしまったとの事ですが
      ちーさーさんの場合はサバゲーを始めてから日が浅い上に
      誤射した時の状況も、スピーディーな判断が要求される難しい状況だったと思うので、ある程度、仕方がない部分があると思います。

      私なんか、人生初のサバゲーでは
      すでに撃たれて退場している敵ゲーマーを誤射してしまった位です^^;

      それに比べれば
      まだまだ理解できる範疇の誤射です。

      あと、誤射した後に、
      お詫びの一言をいっていらっしゃるのもGoodです。

      ちなみに、最後のゲームでの誤射については
      判断にスピードが要求され、難しい状況だったかもしれませんね。

      味方から遅れて前線に到着した場合には
      味方の援護より、状況を把握することを優先してOKだと思います。

      「一刻も早く、味方を援護しないと!!」

      と気持ちが焦ってしまうあまり、誤射するくらいなら
      敵と味方の銃撃の応酬をじっくり観察して
      おおよその布陣を掴んでから、援護に集中していくのがお勧めです。

      あと、アタッカーの動きについても

      ・ガンガン前進してくアタッカー
      ・進んでは引いたり、ダッシュしたりゆっくり動く変化に富むアタッカー

      いろいろなタイプのゲーマーがいますから
      その辺りも織り込んで援護射撃できると
      誤射がさらに大きく減るはずです。

      この記事で紹介したポイントを意識しながら
      サバゲーを続けていけば誤射の回数は減っていくはずですから
      今回の経験を糧にがんばって下さい^^

  4. ちーさー より:

    アドバイスありがとうございました。
    色々よく確認して、こちらのHPも参考にしながら 楽しくやっていきたいと思います。
    これからもよろしくお願いいたします~。。。