サバゲーやるなら絶対に見極めたい、敵と味方の見分け方

シェアする

svglab_lvup-marker01

「マーカーを見て、確認してから撃てよ・・・」

「味方だと思うぜ・・・?」

同じチームの先輩ゲーマーから
お怒りとも呆れにも似た捨て台詞を言い放たれる。

河崎のサバゲー初心者時代の苦々しい思い出の1ページです^^;

サバゲーでは敵も味方も
腕にマーカーを巻いています。

赤や黄色、青や緑などなど・・・

自分のマーカーと異なる色は敵ゲーマー
自分と同じ色なら味方ゲーマー

と見分けるだけだから簡単!!

そう、河崎も思っていました。

先輩ゲーマーからの叱責を恐れて
マーカーを見るまでは絶対に撃たないようにすると、
確かに味方を誤射する確率は激減しました。

その代わりに、相手が敵ゲーマーだった場合
ほぼ撃ち負けるようになりました。

かといって、ベテランゲーマーが言うように

・相手の顔の向きで判断する

という方法では、
味方への誤射を減らす事が出来ませんでした。

実は、敵・味方を判別するのは
サバイバルゲームでは意外に難しいのです。

結論からいうと

  • マーカーを見てから撃つ
  • 相手の頭の向きで判断する

両方とも正しい方法なのですが
状況に応じて使い分けないと・・・

  • 味方を誤射してしまう
  • 敵か味方か?躊躇してしまい、撃ち負ける

どちらにせよ、
モヤモヤした気分を味わう羽目になります^^;

意外に難しい
サバゲーでの敵・味方の識別方法と
その使い分けのポイントについて解説します。

味方の誤射を極限まで減らしつつも
敵には間髪入れずに迅速に射撃できるようになります。

マーカーは見えない事が多い

「敵か味方か?マーカーの色で判断する」

ゲーマーなら誰でも知っている大原則ですが
サバイバルゲームに参加してみると
矛盾に気付かされます。

そう。マーカーが視認できる事が少ないんです。

サバイバルゲームは敵から身を隠すように行動します。

障害物間を移動する短時間はともかく・・・

索敵や敵ゲーマーへの射撃においてすら
身体の大半は障害物に隠れるようにして行動していますから
腕に巻いたマーカーが見えない事も少なくないのです。

svglab_lvup-marker02

上画像では、相手ゲーマーがあなたに向けて射撃姿勢を取っていますが
腕のマーカーが殆ど見えない状況です。

この写真では両腕に巻いているので、銃を構える右腕のマーカーなら
見えそうなものですが・・・まるで見えません。

片腕だけにしかマーカーを巻かないフィールドにおいて
利き腕とは逆の腕にマーカーを巻いたゲーマーだったら
障害物に完全に隠れてしまい、視認はほぼ不可能になります。

上画像は「サバゲーでは、マーカーが見え辛い」という事を実感していただくための

いわば実験的な画像ですから、相手ゲーマーがこれほど堂々と姿を見せることは少ないです。

svglab_lvup-marker03

もし私が本当のサバゲーであなたを撃つときは、身体の露出は最大でも↑くらいになるので

マーカーを視認するどころの話ではないと思います^^;

なんにせよ、相手がエアガンを向けて
あなたをまさに攻撃しようとしている瞬間に・・・

「相手のマーカーは何色なんだろう?」

と、迷いが生じると行動が遅れ
間違いなく「撃ち負ける」事になります。

相手ゲーマーの頭の向きで判断する

一方、ベテランゲーマー達は
マーカーが見えないはずの相手に対して
躊躇なく射撃を加えています。

そして誤射である事が、滅多に無い。

実は、ベテランゲーマーはマーカーの色だけでなく

相手ゲーマーの頭の向きで敵・味方を判別しているのです。

svglab_lvup-marker03

  • エアガンでコチラを狙っている
  • 相手がコチラを向いている

こういう場合は敵と判断して攻撃。

svglab_lvup-marker06

  • 相手が背中を向けている
  • 自分と同様に前方向を見ている

上記の場合は、味方なので攻撃しない
という具合にです。

この方法なら、相手のマーカーが見えない状況でも、
相手がどちらを向いているかは判るので、
素早く判断ができるのも頷けます。

自分と向き合う味方も居る

ただし、相手の頭の向きで判断する方法には

  • 後退してくる味方と前進してくる敵を見分けられない

という欠点があります。

たとえば、ゲームを開始してから
敵と味方が銃撃戦を繰り広げた結果、
劣勢となり、生き残った味方が後退する場合、

味方陣地の方向を向いて歩いてくるはずです。

この時に、マーカーを確認せず

「コッチに向かって来るから敵だ」

と安易に判断してしまうと
誤射する事になります。

svglab_lvup-marker04

たとえば、あなたが敵フラッグ方向(画像奥)を警戒している最中に・・・

svglab_lvup-marker05

ウッドランドのブーニーハットを被ったゲーマーが近づいてきたとしても・・・

  • 後退してくる味方ゲーマー
  • 前線を突破した敵ゲーマー

その両方の可能性があるからです。

つまり、味方が後退を余儀なくされる状況では
相手の頭の向きだけでは判断が出来ない事になります。

サバゲーの敵・味方の識別方法を使い分ける

ここまで見てきた通り
サバゲーにおいて、敵・味方を判別するには

  • マーカーの色
  • 相手の頭(進行方向)の向き

上記の2つの方法がありました。

しかし、いずれの方法でも
誤射のリスクが残るだけでなく、
敵か味方か?判断が付かず迷う可能性が残ります。

「誤射のリスクをゼロに出来ないにせよ・・・
 もう少し、どうにかならないだろうか?」

結論から言うと
河崎は両方の方法を
状況に応じて使い分けていますが

識別方法の使い分けの最大のポイントが

「自分が前線を把握しているかどうか?」

この1点において
有効となる敵・味方の識別方法が大きく異なってくるのです。

前線を把握していれば、頭の向きで判断してOK

  • 相手の頭(進行方向)の向き
  • ブッシュ、草木の揺れ

上記の2つの識別方法が使えるのは
最前線の味方がどこまで進んでいるか?を把握できる場合です。

逆に味方がどこまで前進しているか?
自信が持てない場合は、マーカーの色を確認しないと
誤射に繋がりやすいです。

例を挙げてみましょう。

svglab_lvup-marker07

例えば上画像において
青軍の味方ゲーマーが2人、横並びに配置し
その後方にあなたが配置に付こうとしている状況とします。

この状況で、あなたが
ゲーム開始直後から、スタートダッシュをし

味方の先頭を進んでいたのが彼らである事を把握しているなら
彼らより前方に味方がいないのは、ほぼ間違いがありません。

となると
最前線の彼らよりより前方(画像ではピンク囲み)において

  • コチラを向いているゲーマー
  • 揺れているブッシュや草木

は敵ゲーマーと判断できる訳です。

ですから、ベテランゲーマーが
マーカーどころか姿すら見えないブッシュに潜む
敵ゲーマーを仕留めているのは、ただ運任せではない訳です。

前線を把握できないなら、マーカーチェックは必須

  • ゲーム開始直後のスタートダッシュに参加しない
  • 別の前線から、他の前線へ移動して来た

といった具合に
味方がどこまで前進しているか?把握できていないなら
マーカーのチェックが必須になります。

svglab_lvup-marker08

先ほどの画像において
青軍のゲーマーが最前線なのか?
味方の背後から支援するスナイパーやガンナーなのか?

ハッキリしない場合においては、彼らの前方で

  • コチラを向いているゲーマー
  • 揺れているブッシュや草木

といった姿や兆候は

  • コチラへ前進してくる敵ゲーマー
  • 後退してくる味方ゲーマー

どちらであっても、まったく不思議が無いからです。

前線がどこか?
味方の潜伏位置を把握していない状態においては、

相手のマーカーを確認するまでは射撃するべきではありません。

マーカーの色を確認せずに射撃すると
誤射になる恐れが高いからです。

ただし、あなたが後衛ポジションであったり
スタートダッシュに遅れて、最前線の味方の位置が判らない状態でも

銃撃戦の推移を観察しながら

  • 味方がどこまで前進しているか?
  • 味方がどこに潜伏しているか?

をしっかり把握できた時点で

相手の頭(進行方向)の向きだけで判断する方法に
切り替えることは可能です。

前線の状況を把握するのに時間は掛かりますが
それが判れば、後衛ポジションでも
敵・味方を瞬間的に識別することは不可能ではありません。

したがって、
サバゲーにおける敵・味方の識別においては

「自分が前線を把握しているかどうか?」

が重要なポイントとなる訳です。

誤射は減らし、敵には迅速な攻撃を

サバイバルゲームにおいて

  • マーカーの色
  • 相手の頭(進行方向)の向き

の2つの識別方法を使い分ける事。

そして、識別方法の使い分けは

  • 「最前線の味方がどこまで進んでいるか」を把握できているか?

という事でした。

私がこの識別方法を取るようになって
誤射は年に1、2回あるかどうか?まで激減しました。

  • アタッカーという前線ポジション
  • スナイパーという後衛ポジション

両方をやって見て
この識別方法はひとつの完成形かなと感じています。

誤射が味方の及ぼす悪影響は想像以上ですし
誤射をされる事がないと判るだけでも安心して戦えるのは
私もアタッカーとして痛感しています。

もし、あなたが誤射に悩んでいるなら
今回お伝えした識別方法を使ってみて下さい。