エアガンに撃たれると痛くない!?

シェアする

私「おい、オマエ騙しやがったな!」

友人「なんだよ、急にうるせぇな」

私「サバゲーで撃たれても痛くないじゃないか!!」

友人「はぁ? そんなの当たり所が悪くなきゃ痛くないに決まってんだろw」

私「おまっ オレ緊張し過ぎて、バランスUP1本も食べきれなかったんだぞ!!(怒)」

友人「バランスUP? カ○リーメイトみたいな奴か?
そんなの食えない位に緊張してたの?w
ダセェwwwwwww」

河崎が人生初のサバゲーを終えた後に
友人と交わした会話の1コマ。

サバゲー初参加の2日前ほどに
友人から「サバゲーは撃たれると痛い」と聞かされていたのですが

実際にサバゲーで初めて撃たれた結果
拍子抜けするほど痛みを感じなかったので、
驚きました。

さすがに、初心者時代の私の様に
バランスUP1本食べれない程に緊張する人は稀だと思いますが・・・
「サバゲーで撃たれた際の痛み軽減策」をお伝えしようと思います。

「え、痛み軽減策だって?
撃たれても痛くないんじゃないの?」

■エアガンで撃たれても痛い時と痛くない時がある

かつての私も

「激痛に耐え、時には流血しながらでも遊べる、ドMにのみ許された趣味」

それがサバゲーだと思ってました。

しかし実際にサバイバルゲームを参加してみると
エアガンで撃たれて痛いと感じるのは

・耳や首、手(特に指先)、顔の一部など特定の部位を撃たれた場合
・10m以下の近距離から撃たれた場合

に限られている事に気付くと思います。

逆に、30m以上も離れた遠距離から撃たれれば
気付かない事もある位です。
(だからといって、ゴーグルを外してイイ訳でありませんが)

いずれにせよ
サバゲーで相手エアガンに撃たれて
「痛い」と思う状況は、あなたの予想より少ないはずです。

ただし、ひとたび撃たれると
特に痛みを強く感じる部分が身体上あります。
それが下記の部分

・顔
・耳
・首
・手(特に指先)

上記の部分は神経が集中していたり、皮膚が薄い等の理由で
撃たれると痛いです^^;

当然、上記の部分は撃たれない様にしたいのですが・・・
サバイバルゲームに参加してみると、
顔、耳、首、手などを撃たれない様にするのが
難しい事に気付かされます。

というのも
相手を探したり、射撃する際に上記の4箇所は
どうしても障害物から出てしまうからです。

つまり、それだけ撃たれやすいという訳です。

■痛みを和らげる対策

ただし、痛みを和らげる方法が無い訳ではありません。

・顔面→フルフェイスゴーグル
・耳 →イヤーガード
・首 →スカーフ
・手 →厚手のグローブ

を着用すれば
幾分痛みが和らげる事ができます。

顔面については
両目はゴーグルを着用しているはずですが
それ以外の口や鼻、額、頬などは露出しています。

そこで、ぜひ活用したいのが
フルフェイスタイプのゴーグル。

このフルフェイスゴーグルなら
頭に被る帽子、ヘルメットを加えれば
顔面はほぼ完璧にガードできます。

ただし、頭部の側面から後方にかけては
ガードし切れていないのですが
その中でも耳はBB弾が当たると非常に痛く感じる部分。

耳については
上記のサンセイというメーカーから発売されている
イヤーガードを購入するのが手っ取り早いです。

首については、最近流行の
アフガンストールやメッシュスカーフを首に巻けば
痛みとはほぼ無縁になります。

手も耳と同じく痛みに敏感なので
厚手のグローブでしっかりガードしたい所です。

手については痛みだけでなく、

・転倒時に手を付く
・急斜面で滑落しない様に樹木を掴む

など、撃たれる以外にも
傷ついたり怪我しやすい部分なので
安物でも構わないのでグローブを着用することをオススメします。

また上記以外の部分
足、胴体についても

・迷彩服の下にもう1枚トレーナーを着用
・資金に余裕があれば、迷彩服の上にベストやボディアーマーを着用

上記の様に厚着をすれば
大幅に改善できます。

いずれもお金がかかりますが
サバイバルゲームも他人と競う競技である以上
技術的に未熟な初心者はどうしても撃たれる機会が増えるので
気になる方は検討してみてください。